オンラインカジノをお勧めする理由

今オンカジを始める3つの理由

パチンコや競馬

オンラインカジノの特筆すべき点はペイアウト率(還元率)にあります!
ペイアウト率とは、賭け金に対して戻ってくる金額のことでギャンブルでは胴元の取り分を除いたものを指します。

オンラインカジノは他のどのギャンブルに比べてもこのペイアウト率が高いのです。

宝くじ ペイアウト率 約40%
競馬 ペイアウト率 約70%
パチンコ ペイアウト率 約80%
オンラインカジノ ペイアウト率 約98%

今、日本国内で国外にあるオンラインカジノでプレイするのは合法ですが、将来違法になる可能性は0ではありません!

パチンコやスロットよりオンカジのスロットのほうが還元率が良く、1発も大きいのでやらない理由がありません。

当サイトはもちろん不法行為を勧めるものではありませんが、今現在、法によって定められていないいわゆるグレーな部分は儲けるチャンスでもあります。

FXでも規制が入ったように、政府の規制が入る前にしっかり稼げるようにしましょう。

なお、今なら入金100%ボーナスがあるので実質的な還元率が向上しています!

この機会を見逃さず、ボーナスを利用して勝ち組になりましょう!

オンカジは違法?合法?

オンラインカジノ

皆さんもご存知の通り日本国内で賭博を行うと賭博罪で逮捕されます。
そうするとオンラインカジノも違法なの?と思う人もいるかもしれません。

Wikipediaでは違法性について

2015年現在、日本国内から日本国外のオンラインカジノで賭けをした場合の可罰性については、日本では付随的違憲審査制を採用しているため、裁判所は判断を行っていない。また、賭博罪は対向犯といって、胴元と客を同時に捕まえる必要があるため、拠点が海外にあるオンラインカジノを摘発することはできない。つまり違法ではない=合法である。そして政府は国会答弁にて「違法である可能性があるが、個々の状況によるため政府としての見解は差し控えたい。」と述べている。つまり政府としても違法であるとは明言する時期ではない、ということであろう。今後のカジノ法案に向けて法整備が進むと思われるので、そちらも含めて注視していきたい。
と述べています。なお、この記事が書かれている2016年現在も違法ではありません。

ただし、オリンピックに向けてカジノ法案の法整備が進む可能性があるので今後も注視する必要はありそうです。

特に注意しないといけないのは、インターネットカフェやライブゲームを通して実際のお店で遊ぶ場合です。

実際のお店との間に金銭の授受が発生するとオンラインカジノであっても違法になるので絶対にやめましょう。

法律を守って楽しくカジノを楽しんでくださいね。

楽しくプレイ戯する為に

楽しくプレイ

現実問題として多くの方々が実際にプレイしてみたいと感じているのではないかと思います。
その為にはまず最低限のルールを把握しておいて下さい。
文化なども異なりますが、運営サイトがとても公平にゲームの提供をしてくれていますので、変なトラブル回避の為にもそこは紳士的に接して下さい。
以下では失敗に繋がっていく違反行為や原因を列挙しておきます。
当然とこれらが全てでは無いので、どこかに役立つものも出てくるかもしれません。

他人名義でのクレジットカードによってプレイする

例え身内でも、他人名義のカードでの入金は厳禁です。
仮にアカウントを開設した時の名前とこのカード名義が異なれば、引き出しの時に様々なトラブルが発生する事もあります。

複数のアカウントの登録

多くのオンラインカジノでは、同一人物が多くのアカウントを登録する事を禁止しています。
また同一のパソコンからも複数のアカウントの開設はしないで下さい。

ボーナスの引き出し条件の違い

ボーナスの引き出し条件を満たした後に引き出してしまう事を何度もすれば、それはボーナスが目的のプレーヤーと認識される事もあります。
その場合はアカウントの凍結も出てきます。

やたらとプレイをする

負けた時はその記録を取って下さい。次回の教訓になります。
そして少しの注意により、普通のギャンブルより遠ざける事もできます。
とても有利である控除率を活用する為に、攻略法については最低限は使用して下さい。
「〇〇により〇〇万円!」などのとても胡散臭い攻略法の詐欺は話になりませんが、オンラインカジノにおいてのロスを減少させる攻略法は存在しています。

飲酒をしてプレイしない

自宅において24時間いつでもプレイできるのが魅力の一つになりますが、酔ってからのプレイは避けて下さい。
祝杯などの言葉もありますが、そうなればとても判断力も落ってきます。
この場合勝った後にして下さい。同様の理由により、余剰金以外のお金でのプレイも避けて下さい。

税金

獲得できた賞金については一時所得と見做され、それには税金も掛かってきます。
普通、競馬やパチンコ等の配当金にも税金が掛かりますが、現金によって受け取る事により、その証拠も無く全てが徴収できていません。(そこはモラルの問題なのですが)オンラインカジノにおいては、各金融機関において200万円を超過する外貨の受け取りについては金融当局に報告する事になっています。
ecopayz等の決済会社において200万円以内の調整をすれば、その報告もしないでいいのですが・・そこは各自のモラルの問題になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です