『絶対に負けない』の「絶対」を補強する

マーチンゲール法で負け続けるリスクはかなり高い

マーチンゲール法は、オンラインカジノでは負けづらい方法として使われ、初心者でも勝負ができます。オンラインカジノには賭け金の最大額が設定されていて、1万ドル以上に設定されている所もありますが、ほぼこうしたことは無い為、外しすぎるとベット額が高くなり過ぎて、結果的に勝負を続行できなくなり負け続ける可能性もあります。

マーチンゲールで連敗が続くと1000ドルを超えてくる

そもそもの手法が、負けたら倍にしてプレイする仕組みを採用しています。この方法によって、勝った時に1ドル増えている状態となり、損失を全て軽減できるメリットを持っています。もちろんスタートを2ドルにしていれば、勝った時に2ドル増えている形となり、負け続けてもドルを増やして頑張っていれば、回収できる可能性があると考えられます。
しかし連敗が続けば、徐々に使っている金額は多くなります。1回のゲームで1000ドルを超えるようになり、10万円以上の金額を入れて勝負をする状況が生まれます。これを超えていくと、場合によっては更にすごい金額まで行きます。ウィリアムヒルカジノのように、上限がかなり大きくなっているオンラインカジノでは、負け続けても勝負ができる仕組みなので、どんどんマーチンゲール法でお金を使ってしまいます。
このルールは、勝つまで上昇させることになりますから、勝手に減額させることはできません。回収するまでは倍々に金額を増やして、後はゲームをプレイするだけです。勝てるまで続けるのはかなり面倒に思われますが、そうしたルールなので頑張るしかありません。

お金は1万ドル以上持っていないと厳しい

ある程度のリスクを考えると、初期の状態で1万ドル以上持っていなければ駄目です。これは100万円に該当するものですから、そう簡単に準備できるものでもありません。確実に増やせる可能性を持っていますが、相当高いリスクを考えると厳しいのは間違いないのです。
オンラインカジノでは、マーチンゲール法を使って勝負をするなら、10連敗くらいで止めなければなりません。これ以上の連敗を繰り返すと、相当な失敗が待っています。今までは何とかできたのに、全く当たらないで延々と金額が増えてしまい、入れられる金額が足りないこともあります。
1万ドル以上持っているなら、一応14連敗くらいまでは大丈夫です。どこかで勝てれば増えて返ってきますから、それまで我慢してプレイします。

マーチンゲール法は賭ける場所を固定すると成功しやすい

負けてしまう回数が多い場合、どちらに固定して勝負する方法が有効とされます。固定すればどこかで当たるだろうと思われるので、当てられない状況が生まれません。オンラインカジノでは、どちらかの色に落ちるとされるルーレットで使える方法です。マーチンゲール法を絡めば、失敗を解消できるメリットを持っているのです。

ルーレットで色を固定するメリットは当たらない回数を減らす部分

本来なら的中率を上昇させるために、色を固定するなんて方法は使いたくないものです。外れる回数が増える可能性もあるからで、失敗したくない、連勝したいと思っている方には使いたくない方法です。しかし負けることを避けるために使うマーチンゲール法であれば、固定したほうが成功しやすい可能性もあります。とにかく失敗が起こりやすいオンラインカジノでは、最初からそうした問題を防ぐための手法を使ったほうがいいでしょう。
赤なら赤、黒なら黒で固定しておきます。他の色に入れないようにするために、最初から動かさないようにします。とにかく色を固定して、マーチンゲール法を使っていけば何処かで当たります。タイミングは結構ずれてしまいますが、回収できる可能性が高まることによって、オンラインカジノでは当たりやすい状況が生まれるのです。
なおオンラインカジノによっては、選んだ色と全く違う場所に落ちてしまう問題があります。悪質なオンラインカジノでは、マーチンゲール法を使われることを想定して、プログラムに変化を加えている可能性もあるので、こうした問題をしっかり考えて利用してください。

書ける場所を動かすと外れる回数が増えるとも考えられる

もし赤で当たらないから黒に移動しようと思った時、次は赤が当たる番だとしていたら、外れることになります。オンラインカジノはプログラムでルーレットを作っていますので、もしかしたら色は最初からプログラムである程度決まっているかもしれません。動かすことでデメリットが生じてしまうことは間違いありませんので、動かさないほうが無難です。
回数が多くなればなるほど、マーチンゲール法で使うお金が増えてしまいます。大金を使ってしまうと、オンラインカジノでも徐々にですがリスクが高まり、回収するのが難しくなってきます。負けないための方法として使うマーチンゲール法ですが、負けやすいような動かし方は良くないとされているので、まずは動かさないように気をつけて、できれば固定してゲームをプレイしてください。

オンラインカジノの今後について考察する

オンラインカジノの歴史とその始まり

オンラインカジノがどのように誕生したのかと言うと、それはインターネットが世界中に広がり、誰もが自宅でネット世界を体験出来るようになったからです。その最初の国はイギリス連邦加盟国「アンティグア・バーブーダ」とされ、1994年に正式ライセンスが発行されました。
当初はもちろん、今のように爆発的には広がっていませんが、徐々に有名ソフトウェア会社などが参入し、2000年に入ると現在のスタイルが確立されるようになりました。その最大の理由は、世界中の各国が共同してイカサマがないように管理するようになり、ライセンス制度の導入やプレイヤー保護などのチェック体制が万全となっていったからです。
またゲームとしてのカジノを本格化する為、ポーカーやバカラなどだけでなく、ビンゴやスポーツ競技などあらゆる賭け事も対象として、より多くの人々が楽しめるよう間口を広げたのも成功した要因でしょう。現在、中心となっているのは、ヨーロッパやカナダにオーストラリアなどで、それ以外の国でも徐々に広がりつつあります。それは日本も同じで、ギャンブルが好きな人や流行り物に詳しい人を中心に、愛好者が増えています。

オンラインカジノは日本で大人気となるか?

オンラインカジノが日本で爆発的に広がらないのは、いくつかの理由があります。元々の国民性として、日本人はギャンブルが好きです。それは、江戸時代から始まったとされるサイコロの賽賭博もありますが、当時は囲碁・将棋・カルタなども賭け事となっていたそうです。
また、昭和になってもパチンコや麻雀に競馬など、至る所で賭け事が生活の一部となっていますし、今でも宝くじにサッカーくじなども人気あります。しかし、オンラインカジノやカジノ建設には反対派の声が大きいのも事実です。
私見とするなら、カジノ法案が成立し今の流れなら、2020年の東京五輪前にはカジノが建設されるでしょう。ですから、その前年ぐらいからニュースでも頻繁に報道され、それが切っ掛けとなりオンラインカジノが注目されるようになるはずです。
ワイドショーなどで反対派エコノミストが声高に批判もあるでしょうが、そこで肯定派の代表者がきちんと、オンラインカジノの良さを代弁すれば、日本人は流されやすいので、情勢も一気に変わります。その為には、今回の衆議院選挙で自民党が勝つことが大前提となります。
カジノ建設で注目され、オンラインカジノはパチンコや競馬などと同じで、娯楽としてまったく問題ない事が分って貰えば、日本人は元々ギャンブルに寛容なので、ブームになるのは時間の問題です。

オンラインカジノで勝つにはどうするか?

そんなオンラインカジノですが、では勝負に勝って利益を上げるにはどうすれば、良いのでしょうか? これはパチンコなどで生活する人や、株や為替取引のプロもいるのですから、オンラインカジノも同じような考えが当て嵌まります。きちんと、勉強してからオンラインカジノで勝負する事です。遊び半分でも良いですが、まずはルールを覚えて、少額からゲーム開始とするのが基本なのです。
カジノなどのギャンブルには、「ゲーム理論」が当て嵌まります。これは、ギャンブルを戦略的に分析するもので、簡単なものなら、「マーチンゲール法」という作戦があります。端的に説明すると、一度負けたら次回は倍賭けで勝負するものです。これはギャンブルの必勝法ともされているので、オンラインカジノでは分かり易いルーレット勝負などでは、通用するでしょう。そして、運良く勝ちが続けば、そこで勝ち逃げするのが、最大の必勝法とされています。

オンラインカジノの未来はどうなる?

オンラインカジノの未来を考えると、それは答えは実にシンプルです。現状では、この世界からオンラインカジノが無くなる事や、規制される事はまずあり得ないからです。世界中ではさらに人気が拡大するでしょうし、インターネットはさらに高速・安定・安価の方向で進みます。
日本ではカジノが建設され、注目が一段と集まる中で、いくら反対派が規制を求めても、この便利で手軽なギャンブルを排除する事は絶対に無理なのです。そもそも、政府が税収狙いでカジノ建設を狙うのに、オンラインカジノだけ反対では、誰も納得しないでしょう。
オンラインカジノは自宅で遊べる手軽さと、賭け金も自由に設定できるのがメリットです。これが、本当のカジノで、周囲に他人の目があると緊張して勝負に集中出来なかったり、運良く勝っても店を出た後に強盗に遭うのでは、と不安もあるでしょう。だから、女性やお年寄りなども躊躇なく遊べるギャンブルなのです。

一方、デメリットとしては自宅で出来る便利さから、それこそ我を忘れて夢中で遊び依存症になる。借金をしてまでオンラインカジノに嵌る。他にも、詐欺的な怪しいオンラインカジノでお金を騙されるなどの被害もあります。
しかし、これらはどのギャンブルでもある事ですし、逆説ならギャンブル以外でもダメになる人は一定数いるものです。交通事故があるから、車や電車を全て廃止にしろ、と訴える人はいないですよね。それと同じで、今の流れはオンラインカジノと共存共栄する流れなので、休日や余暇の新しい楽しみとして、今後はさらに便利なシステムやツールも完成するので、それを期待していましょう。

オンラインカジノをお勧めする理由

今オンカジを始める3つの理由

パチンコや競馬

オンラインカジノの特筆すべき点はペイアウト率(還元率)にあります!
ペイアウト率とは、賭け金に対して戻ってくる金額のことでギャンブルでは胴元の取り分を除いたものを指します。

オンラインカジノは他のどのギャンブルに比べてもこのペイアウト率が高いのです。

宝くじ ペイアウト率 約40%
競馬 ペイアウト率 約70%
パチンコ ペイアウト率 約80%
オンラインカジノ ペイアウト率 約98%

今、日本国内で国外にあるオンラインカジノでプレイするのは合法ですが、将来違法になる可能性は0ではありません!

パチンコやスロットよりオンカジのスロットのほうが還元率が良く、1発も大きいのでやらない理由がありません。

当サイトはもちろん不法行為を勧めるものではありませんが、今現在、法によって定められていないいわゆるグレーな部分は儲けるチャンスでもあります。

FXでも規制が入ったように、政府の規制が入る前にしっかり稼げるようにしましょう。

なお、今なら入金100%ボーナスがあるので実質的な還元率が向上しています!

この機会を見逃さず、ボーナスを利用して勝ち組になりましょう!

オンカジは違法?合法?

オンラインカジノ

皆さんもご存知の通り日本国内で賭博を行うと賭博罪で逮捕されます。
そうするとオンラインカジノも違法なの?と思う人もいるかもしれません。

Wikipediaでは違法性について

2015年現在、日本国内から日本国外のオンラインカジノで賭けをした場合の可罰性については、日本では付随的違憲審査制を採用しているため、裁判所は判断を行っていない。また、賭博罪は対向犯といって、胴元と客を同時に捕まえる必要があるため、拠点が海外にあるオンラインカジノを摘発することはできない。つまり違法ではない=合法である。そして政府は国会答弁にて「違法である可能性があるが、個々の状況によるため政府としての見解は差し控えたい。」と述べている。つまり政府としても違法であるとは明言する時期ではない、ということであろう。今後のカジノ法案に向けて法整備が進むと思われるので、そちらも含めて注視していきたい。
と述べています。なお、この記事が書かれている2016年現在も違法ではありません。

ただし、オリンピックに向けてカジノ法案の法整備が進む可能性があるので今後も注視する必要はありそうです。

特に注意しないといけないのは、インターネットカフェやライブゲームを通して実際のお店で遊ぶ場合です。

実際のお店との間に金銭の授受が発生するとオンラインカジノであっても違法になるので絶対にやめましょう。

法律を守って楽しくカジノを楽しんでくださいね。

楽しくプレイ戯する為に

楽しくプレイ

現実問題として多くの方々が実際にプレイしてみたいと感じているのではないかと思います。
その為にはまず最低限のルールを把握しておいて下さい。
文化なども異なりますが、運営サイトがとても公平にゲームの提供をしてくれていますので、変なトラブル回避の為にもそこは紳士的に接して下さい。
以下では失敗に繋がっていく違反行為や原因を列挙しておきます。
当然とこれらが全てでは無いので、どこかに役立つものも出てくるかもしれません。

他人名義でのクレジットカードによってプレイする

例え身内でも、他人名義のカードでの入金は厳禁です。
仮にアカウントを開設した時の名前とこのカード名義が異なれば、引き出しの時に様々なトラブルが発生する事もあります。

複数のアカウントの登録

多くのオンラインカジノでは、同一人物が多くのアカウントを登録する事を禁止しています。
また同一のパソコンからも複数のアカウントの開設はしないで下さい。

ボーナスの引き出し条件の違い

ボーナスの引き出し条件を満たした後に引き出してしまう事を何度もすれば、それはボーナスが目的のプレーヤーと認識される事もあります。
その場合はアカウントの凍結も出てきます。

やたらとプレイをする

負けた時はその記録を取って下さい。次回の教訓になります。
そして少しの注意により、普通のギャンブルより遠ざける事もできます。
とても有利である控除率を活用する為に、攻略法については最低限は使用して下さい。
「〇〇により〇〇万円!」などのとても胡散臭い攻略法の詐欺は話になりませんが、オンラインカジノにおいてのロスを減少させる攻略法は存在しています。

飲酒をしてプレイしない

自宅において24時間いつでもプレイできるのが魅力の一つになりますが、酔ってからのプレイは避けて下さい。
祝杯などの言葉もありますが、そうなればとても判断力も落ってきます。
この場合勝った後にして下さい。同様の理由により、余剰金以外のお金でのプレイも避けて下さい。

税金

獲得できた賞金については一時所得と見做され、それには税金も掛かってきます。
普通、競馬やパチンコ等の配当金にも税金が掛かりますが、現金によって受け取る事により、その証拠も無く全てが徴収できていません。(そこはモラルの問題なのですが)オンラインカジノにおいては、各金融機関において200万円を超過する外貨の受け取りについては金融当局に報告する事になっています。
ecopayz等の決済会社において200万円以内の調整をすれば、その報告もしないでいいのですが・・そこは各自のモラルの問題になってきます。