オンラインカジノと様々な違法賭博との違い

日本では何時でも違法賭博とされているものが問題になっています。一時期はサイコロ賭博が問題となり、これが摘発されることとなりました。更に最近では野球賭博なども出てきており、プロ野球でも行われていたことを理由にかなりの社会問題になりました。こうした違法賭博とオンラインカジノには明確な違いがあります。

違法か合法か

野球賭博などは違法扱い

日本で行っていることが明確になっているので、野球賭博などは違法となります。行っているところが日本で、胴元なども日本にいるわけですから、当然行っている場所が日本であることを考えると違法になり、場合によっては逮捕されることになります。胴元とされている方や、それに通じていた場合は起訴されることになり、最終的に執行猶予の付いた有罪判決となることが多くなります。
オンラインカジノは海外にサービスが設けられているので、日本で行っているけどサービス自体は海外にあるという珍しい方法が採用されています。これが大きな理由となっていて、違法として扱うべきなのか合法とすべきなのかが微妙なところになります。

賭け金があまりにも高いと違法

違法賭博の問題点は、賭け金が高すぎることが問題となっています。オンラインカジノに換算すると大体100ドル位1回で使わないと駄目ですが、オンラインカジノの場合は1ドル単位で調整することができますので、基本的に賭け金を抑えることができます。このようなメリットを持っていることで、オンラインカジノでは破産しづらいという部分を持っています。
逮捕されている事例などは、賭け金が1回で数十万円となっていて、しかも当たらないままだとどんどん遣わされるような事になり、依存症が非常に強くなるとされています。これが問題になって逮捕されてしまうことが多くなったり、そもそも問題として提起されることが非常に多いのです。

反社会勢力と関与している

一番問題となっているのは、暴力団などの反社会勢力の資金源として違法賭博が利用されているケースが多く、非常に闇とのつながりが強いとされています。このような状態になってしまうと、人生を無駄にすることになります。
オンラインカジノはライセンスを持っていて、日本人が勝手に作ることができなくなっています。そして安心できるところはそれだけ多くの会社から信頼されているような傾向があるので、プレイヤーとしても変なところにお金が流れないんだなと思えるようになります。