オンラインカジノの勝ち易さと安全性

オンラインカジノというギャンブルの特徴

オンラインカジノは、一般的なギャンブルと比較しても、非常にペイアウト率が高く設定されています。
さまざまな第三者機関からの監査も受けており、このデータについてはお墨付きです。
ほとんどのオンラインカジノで、そのペイアウト率は97%以上を保っていますし、ゲームによっては99%近くのペイアウト率になっているところもあります。

どうせお金を賭けてプレイをするのであれば、なるべく勝ちやすいギャンブルを選びたいという方が多いと思いますが、それならばオンラインカジノを選んだ方が可能性は高いといえるでしょう。

なるべく勝ちたいのなら、オンラインカジノを選ぼう

ギャンブルである以上、運営者サイドが損をするわけにはいきませんし、最終的には運営側が儲かる仕組みになっているということは当たり前の話です。

たとえば宝くじなどはペイアウト率は約45~50%と、胴元がほとんどの儲けを得ていることになります。
しかし、宝くじはそれ以上に、経費や人件費がかかっています。
あれだけの宝くじを印刷するのですから膨大な印刷費用がかかっています。

同じように競馬は75%、パチンコは80%以上と、冷静に考えると胴元側の儲けは非常に大きいです。
中でもオンラインカジノは非常に良心的ですし、胴元側の儲けが、3~5%と、これらのギャンブルの中でも勝てる可能性が高いのではないかと考えられます。

オンラインカジノの個人のペイアウト率

オンラインカジノは勝ちやすいと考えられていますが、ペイアウト率が高いからといって、必ず勝てるというわけではないことを頭に入れておく必要があります。
ペイアウト率は全体のペイアウト率で、個人のペイアウト率ではありません。
しかし、これを混同してしまう方も多いといえます。

たとえばペイアウト率が80%の場合、40万円の儲けがでたプレイヤーが存在すれば30万円の儲けが出るプレイヤーと、他は10万円の儲けが出るプレイヤーがいることになります。
つまり、どこかで誰かが勝っていたとしても自分が確実に勝てるとは限らないことを示しています。

勝ち続けるプレイヤーがいたとしても、一方で、負け続けてしまうプレイヤーもいます。
実際に負けたプレイヤーは、イカサマなのではないかと疑ってしまうでしょう。
しかし、ペイアウト率はデータとして事実でも、けして個人のペイアウト率が97%ではないということを知っておく必要があります。

悪質なオンラインカジノを見分ける方法

悪質なオンラインカジノに引っかかってしまえば、支払い申請をしても無視をされてしまったり、挙げ句の果てにサイトが閉鎖になってしまったりと、被害に遭ってしまうケースがあります。
このため、オンラインカジノを選ぶ際には、選定がとても大切なのです。

まず、悪質なオンラインカジノの特徴として、ライセンスのマークが記載されていない、あるいはライセンスを取得しておらず、ソフトウェアに関しても、聞いたことがないようなソフトウェアを使っているという特徴があります。
色んなオンラインカジノがありますが、ライセンスを取得していなければ、まずイカサマや違法である可能性が高いので、手を出さないようにしましょう。

さらにオンラインカジノのトップページを見て、安っぽかったり、誤字や脱字がある、運営会社情報が記載されていない場合も怪しいと考えておきましょう。
規約に関しても、通常は登録をしなくても見ることが出来るのですが、見る事が出来ない場合は怪しいです。

こういったカジノには登録しないようにしましょう。

海外で評価されているオンラインカジノはどう?

海外で評価が高いオンラインカジノなら、日本人がプレイをしても優良なので安心出来るのかというと、実はそうではありません。
海外で評価が高くても、むしろサポートでコミュニケーションが取れないので、苦労をしてしまったり思ったほどサービスが良くなかったりします。

日本人からすると、海外の評価の高いオンラインカジノでもそれほど楽しめないケースもあるので、海外評価の高いカジノだからといってそれだけで選ぶのは禁物です。

日本語対応サイトだからといって優良ではない

日本語対応サイトの場合、安全であるとイメージする方も多いですが、過去には日本人をターゲットにした詐欺のオンラインカジノもありましたので、日本語対応だからといって安全とは限りません。
たとえば、日本人をターゲットにして、夜逃げしてしまうような悪質なところもありますので、くれぐれも注意が必要です。

最新情報を集めることが大切

オンラインカジノのランキングはたくさん見受けられますが、必ず最新の情報を集めることが大切です。
なぜなら、こういったランキングは情報が古くなってしまうこともありますし、過去に優良とされているオンラインカジノも、運営者や経営方針が変わることによって優良ではなくなることもあります。
このため、常に最新の情報かどうかを確かめるようにしましょう。