日本でのカジノ大衆化に役立つIR法

IR整備法の成立によりついにカジノが合法化

IR整備法の成立によりついにカジノが合法化

ついに日本でもカジノが解禁されます。
2018年7月20日に特定複合観光施設区整備法、通称IR整備法が安倍政権の下成立しました。

IR整備法はまだ成立したばかりであるため、まだ実際にカジノの運営が許可されたわけではありません。
これから細かい点を詰められ、法整備が行われていきますので、国内初のカジノが開かれるのはもう少し先のことになります。

カジノの運営を許可するにあたり、特定複合観光施設区というものの立ち上げも行います。
この特定複合観光施設区を英語にするとIntegrated Resortとなり、その略称であるIRからIR整備法と呼ばれています。
会議施設、ショッピング施設、宿泊施設などカジノを含む複数の施設が集まった統合施設を建設することによりその地域の経済的発展、振興がIRの目的です。
ただ単にカジノを合法化が目的ではなく、一番の目的は地域振興、社会還元となっています。

IR整備法により国内においてのカジノ遊戯が認められる?

IR整備法により国内においてのカジノ遊戯が認められる?

IR整備法が成立したということは日本国内においてのカジノ行為が許されるようになるということです。
もちろん、どこでも誰でも簡単に許可されるというわけではないでしょう。
しかし、これまでの賭博罪にあった『公営ギャンブル以外のギャンブル禁止』というルールが崩れることになります。

とはいえ現在もまだ賭博罪は変わらず有効であり、国内でのカジノ行為は違法となります。
しかし、オンラインカジノはその賭博罪による規制を上手に避けているため、これまで長きにわたりパチンコ同様のグレーなギャンブルとして多くの方に利用されてきました。
今回のこのIR整備法の成立により、オンラインカジノもついに合法化されるのでしょうか。

現在カジノ合法化に向けての法整備の段階なので、どのような展開を見せるのかははっきりと言えませんが、オンラインカジノに特化したものではなくても、オンラインカジノに影響を及ぼすような整備がなされることはまず間違いないでしょう。
オンラインカジノはサイトを運営するサーバーも運営下の企業も海外にあります。サーバーが海外にあるということは、海外に行ってカジノを利用しているのとなんら変わりはありません。
しかも、オンラインカジノを運営する企業は、サーバーを置いている国から運営を認めるライセンスを発行され運営に至っています。

このようにオンラインカジノ自体にはなに1つ疑いを持つような部分はありません。
ただ日本の法律の中に公営ギャンブル以外のギャンブルを禁じるという項目があることにより、合法ではないギャンブルとなっているだけにすぎません。
今後法の整備が進んでいくにつれ、オンラインカジノが合法なギャンブルとして認められる可能性もゼロではありません。

日本にカジノが誕生するとオンラインカジノの普及も進む

日本にカジノが誕生するとオンラインカジノの普及も進む

日本にカジノが誕生し、利用者が増えるに従い、これまで遠い存在だったカジノが急に身近な存在として捉えられるようになります。
ギャンブルとは無縁の生活を送っていた人でも日本で初めてカジノが誕生したとなると、少なからずの興味を持つことになるでしょう。
そうしてカジノについての情報が一般に広く知れ渡っていくと、自然とオンラインカジノの存在も知られることになります。

現在はネット社会ですからカジノのことを検索すると、オンラインカジノについての情報もヒットします。
特にオンラインカジノの中でも大手と呼ばれているところは、サイトのトップページから日本語で表記されていますので、誰でもその場でサイトの情報を理解することができます。
そして、オンラインカジノが合法ではないけれど、違法ではないギャンブルだという情報もネット上には多くありますので、オンラインカジノを利用することは危険ではないと知ることになるでしょう。

オンラインカジノにはその他のギャンブルにはない魅力が多くあります。
まずはペイアウト率です。オンラインカジノのペイアウト率はギャンブルの中でも断トツの95%となっています。
これは100ドル使ったとしたら95%の95ドルが大体戻ってくるということです。
パチンコ、パチスロで80%、競馬で70%程度のペイアウト率となっているので、オンラインカジノがどれだけ勝ちやすいギャンブルかがわかるでしょう。

また、一攫千金を狙えるというのもオンラインカジノの魅力です。
パチンコや競馬にも大当たりはありますが、それでも数十万円程度の当たりにしかならないでしょう。
ところが、オンラインカジノの場合、ジャックポットという大当たりを引けば、数億円を超える配当金を手にすることが可能となります。

これは宝くじに匹敵するほどの大きな当たりです。
しかも宝くじのペイアウト率は40%程度低いので、一攫千金を狙うのならどう考えてもオンラインカジノのスロットマシーンにお金を賭けた方が有利となります。

このようにオンラインカジノには魅力も多く詰まっているので、カジノが合法化されることによって、オンラインカジノの人気はこれまで以上の高まりを見せることになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です